私には名前がない

 私には名前がない。
 いや、正確に言えば固有名詞がないといったほうがいいのかもしれない。メーカーでは私の一族を「アルファード」と名付け、実際に事務所からもこの名称でオーダーされたのだが、その後ハッキリとした名前を付けてもらった記憶がない。勤務中の国会や議員会館、自民党本部の車寄せでは、我が主人、衛藤晟一参議院議員の名前で呼び出されるのが常。まぁ、しいて言えば「15」というプレートがついてはいるが、その由来すら知らない。我が相棒G秘書に尋ねると、登録に際して議員は迷わず「『15』をお願いします」とリクエストしたというのだが、この数字の意味を知る秘書は残念ながら皆無だ。

 名前といえば、主人の名前、衛藤晟一というのは「極めて読みにくい」と支持者に指摘されたことが多々ある。なるほど「衛藤」は、全国的に見ても数少ない苗字ではないだろうか。しかし、これが不思議なことに、郷里大分県に限り調べてみると、衛藤は基より、工藤、佐藤、首藤、加藤、江藤など「藤」の付く苗字がやたらと目に付く。かつては県内で、議員の8割以上が工藤先生なんていう自治体があったというからびっくりだ。地元関係者に聞いてみると「諸説様々あるのだが、かつての地元豪族が、優雅を極めた藤原氏から一字とって名乗ったという説が一般的」だそうだ。「全国の衛藤さんのルーツを辿れば大分県に帰着するのではなかろうか。私の先祖は佐賀、長崎の県境で活躍した松浦水軍に名を残し、さらにさかのぼれば奥州・平泉までたどり着くようだ」と主人はカミングアウトするのだが、真意の程は定かではない。また、名前の「晟一」は祖母が命名したそうで、晟は訓読みでは「あきら」と読み「明らか」の意。広辞苑によると「かげりのない、はっきりとした、明るいさま」ということらしい。「名は体を表わす」というが、なるほどと思うのは秘書団と私だけの身贔屓だろうか。

 政治家にとって名前といえば、イコール選挙の「顔」である。有権者には是非とも覚えていただかなくてはならないもののひとつ。そのため衆議院時代にはその表記に工夫して、分かり易くそれでいて優しいイメージで、なおかつ対戦相手を考慮、「衛藤せいいち」にしたり「えとう晟一」に変えたりと腐心を重ね、ついに前回の参議院選挙では全国区ということも手伝って、よりイージーに「えとうせいいち」とすべてを平仮名で表記することに相成った。現在の衆参両議院でフルネームを平仮名で表記する議員は極めて少ない。

 「顔」といえば、我が自民党の顔、第23代総裁に、また日本の「顔」でもある第92代内閣総理大臣に、麻生太郎先生が就任された。今後は「麻生が、やりぬく。」覚悟で、景気回復を筆頭に、安心した将来を約束する社会保障制度の構築、官僚を統率する行政改革の断行、国際的テロに屈しない外交など国益を前面に打ちだして、その辣腕をふるわれることだろう。

 これで、いよいよ解散、総選挙に向けての各党、陣形は整った。「太郎vs一郎」背水の陣の一戦は始まった。「国民生活が第一」など聞きようによっては国民に媚を売るようなキャッチフレーズがメーンの民主党。国益や国の安定なくして国民生活など成り立つ訳がない。まして「民の竈の煙」を気に掛けない政治家などもはや存在するはずもない。ようはその政策と中身。不透明と指摘されれば、無理やりにでも数を合わせて作った財源をバラマクだけの政策では、安心した将来など描けるはずがない。民主主義国家なら政権交代も必要だろう。ただしそれは、政権党にふさわしい政党があってこそのこと。政権奪取のためならば、過去の主張をすべて捨ててまでも形振り構わぬ姿勢の代表が、独裁を貫く政党に、明日のわが国を任せることなど出来ようもない。それくらいは「15」の私でも分かることだ。いずれにしてもこの戦い、自民党には存亡をかけた聖戦だ。

 「賽は投げられた」という言葉がある。BC49年、ローマへの進軍を決意したあのシーザーが叫んだ言葉と言われている。一方、東洋には「乾坤一擲」という言葉があって、BC209年、項羽を攻める劉邦の決断を後に韓愈が追懐したもので、どちらもイチかバチか、のるかそるかの賭けに臨むときによく使われる言葉のようだ。とはいえ、シーザーの進軍は身内の政変を察知してのことであったし、劉邦の決断も敵国の士気が半減したのを知った上でのことで、一方で冷静な状況分析があったことは否定できないことのようだ。それゆえ、両言葉とも、状況を見極め、勇気ある決断を下すことで道は開かれるといった意味合いで受け止められることが多いようだ。さらに共通しているのは、ルビコン、鴻溝という河をわたるシチュエーションで発せられたという点で、どうやら大河を前にしたとき、人間は前向きな気持ちが湧き上がってくるらしい。いま、麻生丸も船出の時を向かえ、大波の大河を前に、まさに立ち尽くしているようだ。

  「乾坤一擲」。
 ホームページの収録に際し、「崖っぷち」という言葉を多用した主人の口調に、並々ならぬ決意を感じたのは、秘書団と私だけではあるまい。

それは突然の出来事だった。

 それは突然の出来事だった。
 9月の声を聞いた途端に、福田康夫総理が辞任を表明した。この日、私は、我が主人衛藤晟一参議院議員と家人を乗せ、久し振りにプライベートな時間を過ごしていたのだが、「総理辞任」の一報が入るや否や主人は情報収集に奔走、どうやら寝耳にウォーターだったようだ。
 「何て言えばよいのか。最終的な進退は、政治家自らが決断するものだから…」。携帯電話を握る主人の言葉は、心なしか歯切れが悪い。「ぶん投げ」「投げやり」といった意味の言葉が電話器の向こうで声高に躍るが、総理は、あえて非難を覚悟で「自ら引くことで道を開く」決断をされたのではないのかー。思考が交錯するなか、主人は複雑な表情を見せていた。

 かくして自民党の総裁選は始まった。22日の投開票に向け5人の衆議院議員がゲートインしたのだが、そのなかで主人は、麻生太郎幹事長を推すことになった。「気心知れた九州人ということもあるが、もっとも大きな理由は政策面だ。安倍晋三、中川昭一両先生同様、議員にとって目標とする国の在り方に対する共通点が多い。昨年の総裁選も麻生先生を支持していたはずだが」とМ秘書は説明してくれた。今後はゴールを目指し、激しい政策論争が展開されていくのだが、競争妨害やラフプレー、よもや落馬などといったアクシデントのないフェアなレースを多くの国民は望んでいるはずだ。

  「そういえば、最近の一部マスコミの報道には、二極化を標榜する向きがあるとは思わないか? 」。秘書の一人が新聞を見ながら呟いた。AorB、二者択一の議論が展開されているというのだ。「今回の総裁選でも同様だ。例えば重要政策のひとつ経済対策では、『財政規律派』と『積極財政派』が対立した主張として色分けされている。しかしどうだろう。景気回復なくして財政再建は出来ないし、財政再建なくして希望のある将来は描けない。どうしても白黒で決着をつけるテーマなのだろうか」。二者択一の多数決は、民主主義のルールで分かり易い。しかしそのことが著しく国民の連帯感を鈍らせ、時として信頼を失わせることもあるーと、首を傾げる秘書に私も頷くことがある。

 かつて政治改革という言葉が、まるで熱病のように永田町に蔓延した時期があった。その象徴が選挙制度の改革、小選挙区制度の導入だった。往時、主人は衆議院議員で小泉純一郎元総理とともに最後までこの制度の導入に抵抗し続けた。それは確かこういった理由だった。
 「政治を浄化することに何の異議もない。ただ、小選挙区制度を導入すれば政治が良くなるという短絡的なものなのか。党内民主主義を確保しなければ一部の執行部に膨大な権力が集中してしまう。そしてなにより、これが政治と金のスキャンダルを一掃する処方箋にはならない」
 暫くして、主人らはマスコミから「守旧派」というレッテルを貼られ色分けされてしまった。改革つぶしーということになったようだ。
 その結果、現在の小選挙区制度が導入された。確かに政策で選べる分かりやすい選挙制度にはなったのかもしれない。しかし、党内民主主義と政治の浄化はどうなったのか。「前回の総選挙の際、俗に『刺客』と呼ばれた候補者を、人名事典を使って選んでいる幹部がいた」なんて、俄かには信じられない事を言う官邸番記者に出会ったし、政治と金の問題については、みなさんご承知のとおりで、あえて説明は不要だろう。

 前回の総選挙もそうだった。「郵政事業の民営化」その一点で、小泉元総理は、参議院で否決した法案を衆議院を解散して国民に問うた。主人は採決に際し青票を投じ、自民党を離党、『刺客』を迎え撃った総選挙では惜敗を喫し、屈辱を舐めた。
 「郵政事業の民営化は基本的に賛成だ。ただ現状の法案では国益に反する面がある。将来的に郵便事業のユニバーサル化を維持するのも難しそうだ。現在が赤字を出していないのなら、十分議論してからでよいのでは。拙速は避けたい」。
 主人の意見は、確かこんな内容だった。ここでもマスコミから「構造改革つぶし」という烙印を押され、またしても色分けされてしまった。
 ご承知のとおり、我が自民党は歴史的な勝利を掴んだ。郵政事業の民営化は国民に支持されたことになる。のだが…、確かに自民党議員の数多くが当選し圧勝であったことには違いない。しかし、総理の言った「郵政改革の賛否を問う」この一点だけが争点の選挙だったのなら、国民全体の投票が、賛成した議員よりも、反対した議員に多く投じられた事実をどのように解釈したらよいのだろうか。まして、これを皮切りに断行するはずの行政改革はどうしたのだろうか。
 私が自民党を誹謗すると、秘書団に叱られてしまうのでこれくらいにするが、私は主人とともにいて、偽りない真実の行動をお知らせしたい、ただそれだけである。
 
 いずれにしろ総裁選が終われば、総選挙が待っている。
先日、車中のシートに投げ込まれていた新聞の紙面に、金美齢さんのコラムを見つけた。金さんは7月に事務所で主催した講演会で講師にお招きし、講演後は主人、秘書団を交え食事をとりながら意見を交換した仲だ。さて何が書いてあるのか……。
 「メディアはこぞって『政府が悪い』『政治家が悪い』と責め立てる。責められて当然ではある。しかし、政治家を選び、政府を構成するのは国民である。主人公たる国民が一切の責めを負わず、悪いのは常に政府と政治家であると責任回避してよいのだろうか。
 今度こそ有権者はメディアに振り回されてはならない。『SAPIO』(9月24日号)の特集はずばり『腑抜けたテレビが日本をダメにする』。『姫の虎退治』に浮かれ、『姫』に6年の任期を与えた選挙民は今何を思うのか。1年に1億、6年で6億の血税に値する国民の代表として『姫』に1票入れたのだろうか。国民にとって、生活は第一である。しかし、国の安定なくして生活が成り立つ訳はない。国益を無視し、ひたすら有権者にこびる、パフォーマンスだけの候補者には断固『NO』をつきつけてほしい。
政治家のリーダーシップを期待するなら、国民一人一人が真剣に考え、選び、支援、監督すべきである。個人と国は運命共同体なのだ」(産経新聞)
 おそるべし、金さん。相変わらず鋭くて、何よりもお元気そうだ。
 頷く主人を横目に我が相棒G秘書は、私のアクセルを踏み込んだ。

国会議員の朝は早い。

 
 国会議員の朝は早い。
 自民党所属議員の政策勉強会「政務調査会」は、13の部会に100余りの小委員会、さらに80を超える調査会、特別委員会で形成され、例外を除けば、毎週火~金曜日の遅くても午前8時から始まる。そのため通常、国会議員は金曜日に帰郷し、火曜日に上京する。俗に国会議員の日程を「金帰火来」(きんきからい)という所以はここにある。

 我が主人、衛藤晟一参議院議員は、麹町議員宿舎に寄宿している。衆議院議員時代は高輪宿舎だったそうだから、それに比べれば永田町の自民党本部には、ぐんと近距離になったといえる。出発20分前には相棒のG秘書(事務所にはS秘書と表記しなければならない秘書が3人いるので、中堅の彼をGと表記しておく)がスタンバイし、キーを差し込んだ瞬間から私の一日は始まる。

 「東京には季節感がないっち」。以前、郷里大分の支援者をお乗せしたときにそう言われたことがあるが、どうして、どうして。視線を車窓に転じれば殺風景な景色の中にも春には桜、夏には灼熱の太陽に照らされた数少ない緑がコンクリートジャングルの中に垣間見えて、季節の移り変わりをはっきりと読み取ることができる。

 第169回通常国会は、6月21日に幕を閉じた。その後の焦点は内閣改造ということになったのだが、マスコミ報道が過熱する中、人事の目玉は13人の新閣僚に加え、やはり麻生太郎先生の幹事長就任になったようだ。次期総裁を狙う(?)麻生先生がここで幹事長を引きうけられた真意は? 主人は「挙党体制ということじゃないの」と言葉少なに説明してくれたが、「そういえば、『諸葛孔明』(中央文庫)に、『乱世に戦いは常なれど、降るも一つの道なり。無益な血を流さず、何より遺恨を生まずに済む。それが次の英雄を生む踏み台になることもある』とか書いてあったよな」とM秘書は独りごつ。真実は麻生先生にしか分からないようだ。

 話はぐっと変わるが、衛藤事務所でランチタイムをとるのは至難の業らしい。その理由は主人のスケジュールに起因する。主人の日程は主に我が相棒のG秘書とF秘書(東京事務所唯一の女性)によって組まれているが、殺人的日程をこなすには、昼食は基より昼休みなどもってのほか-ということらしい。過去に「このままでは、過労死になるのでは」と心配したG秘書が気を利かして控え目なスケジュールを作成したところ「これは何だ!私はこんなに暇ではない!」といたく叱られたそうで、それ以来、それを恨みに思った訳ではないだろうが、情け容赦のないものに再生されたと聞く。そのため、それに合わせる秘書団は、当然のように昼食時間をとるのが難しくなった。「カップラーメンを食そうと思いお湯を注いだところ議員が事務所に入室。ああだ、こうだ、と言ううちにタイムオーバー。いざ食べようとしたらカップ焼きそばになっていた」(М秘書回顧録)なんて話もあり武勇伝には事欠かないらしい。

 そうなると当然、食いっぱぐれる戦死者が続出する訳で、事務所では随分と健康には気を付けようとしているらしいが、何故か体格の良い(主人も例外ではなく)個体が揃っていることか(郷里大分事務所の秘書も同様)、衛藤事務所の七不思議のひとつに数えられているそうだ。ラージサイズ筆頭のS秘書に言わせると「それはストレス太りです」ということになるらしいが、そういえば彼は、選挙の終わるたびに衰弱する同僚を尻目に洋服のサイズを上げているという。
 
 さて、7,8月、国会は夏休み。私の活躍の場は減少した。主人は大半が出張で、この時期に市井の声に耳を傾け、民意をしっかり確かめるのは国会議員にとって大切な仕事のひとつだ。盆は大分に帰郷し、ばっちり初盆回り(地方議員にとっては恒例行事)に汗を流し、兵庫、高知、京都、福岡各県で「社会保障制度」関連の講演をこなした後、さらに熊本、大阪、岐阜県の支援者を歴訪し、北海道に飛んで施設をぐるっと一周して福祉現場の最前線を視察、研鑽を積んで来たらしい。

 いよいよ9月からは臨時国会が始まる。①経済対策としての補正予算の編成②テロ対策特別法案の延長③消費者庁の設置-等が主要なテーマになりそうだが、政局は波乱で解散含み。夏が終わってもまだまだ「熱い日」は続きそうだ。