無信不立

 中国の五経のひとつ礼記(らいき)に「大信不約」とある。
 「本当の信頼は、ルールや約束事で得られるものではない」、つまり、心のこもっていない形だけのことでは、真の信頼関係は成り立たないという意だ。
 「信頼」。私たちの現代社会で、一番失われつつあるのがこの言葉なのかもしれない。

 果たして今の政治は、国民から信頼されているのだろうか。そう問うと、我が主人、衛藤晟一参議院議員は「そうだな…」と暫く間をおいてから「いまほど政治に対する信頼が薄れているときは、かつてなかった事かも知れないな…」と低い声で呟いた。
 
 とりわけ、いまの我が自民党は、どう贔屓目に見ても、ちと、酷い。
 郵政民営化、定額給付金などに関し、党を代表する総裁、元総裁の相次ぐ発言については、私ごとき一車両が論ずべき立場ではないが、あえて言わせていただけば、その立場におられる方々が言い放った言動とは到底思われない。麻生総理のファンを自称する私でさえ、我が耳を疑ってしまった。先日、報道番組で衆議院議員の島村宜伸先生(東京⑯区)が「総理は真っ直ぐで正直な人だから、ああいう発言になってしまったのだろう」といった内容のことをおっしゃっていられたが、そのことは十分理解できても、立場は立場。さぞや国民からは理解されない面を残したことだろう。 

 では、郵政事業の民営化をめぐって行われた2005年の第44回衆議院議員選挙とは何だったのか。主人は往時を振り返って話すことは殆どないのだが、私は昨日の事のように覚えている。
 法案の採決に際し、自民党所属議員の心は、明らかに揺れていた。
 小泉総理を中心に諸手を上げて賛成した議員が、大半だったかどうか。
逆に民営化に真正面から反対した議員もいたし、民営化には賛成したものの法案の内容には異議を唱えた議員もいれば、3年後の見直しを見込んで賛成した議員、さらには、選挙を考えて体制に流された議員、そもそも郵政法案自体に関心を示さない議員さえもいた。
 そして採決。その結果、解散、総選挙になり自民党の圧勝という結末を迎えた。
 しかし、以前にも触れたが、この圧勝劇には複雑な側面があった。この時の全国300の小選挙区の数字を改めて調べたN秘書のデータ(彼はこの資料を作成するのに丸1日を費やした)によると、法案に賛成した自民、公明の候補者の獲得票は33.324.987、一方、反対したその他政党の候補者の票は34.485.605でその比率は、なんと賛成49対反対51。無論、有権者は様々な要素を加味して投票している訳だから一概には言えないことだが、当時の総理の言った「郵政の民営化、ただ一点を問う選挙」だったとすれば、国論は二分されていたことになりはしないか。それが、小選挙区という選挙制度の持つマジックで、賛成派の圧勝になってしまった。つまり、この選挙は、こんなにも死票を多く生み出すという負の一面を露呈してしまう形になったといえる。
 そんな往時の議員心理、状況、経過に結果を一番よく御存じだった方こそ、小泉純一郎元総理にほかならない。
 そんな小泉元総理が、この時期に、あえて麻生総理を扱き下ろした真意は何なのか。知るよしすらないのだが、願わくば叱咤の後、一言激励の言葉を掛けていただければ…と思ったのは、麻生ファンの身贔屓だろうか…。それとも、小泉元総理の言葉は、麻生総理一点に集中砲火を浴びせていたマスコミの批判を分散させ、自民党の消えかけた団結心を再び点火させる起爆剤になったのか。そこまでいくと一車両ごときでは、とても想像が及びそうもない。政治はそれほど深く、難しいものか…。

 いよいよ党の存亡を賭けた総選挙が迫っている。世界がドラステイックに変わる中、我が国の舵取りが、たとえ誰になろうとも、国民との信頼がなくては、国は成り立たない。

 「無信不立」。論語にこうある。
 下克上の乱世、戦の絶えないある日、弟子の子貢は孔子にこう尋ねた。
 「政治とはいかにするものでしようか?」。
 孔子は答える。
 「食料を充分にして、兵備を充分にして、民に信頼を持たせることだ」。まずは生きるために食料を確保すること。次に食料を守る防衛力を確保し、そして民を教化して信頼の心をもたせるーというのだ。
 そこで子貢は「もしも、やむを得ず、切り詰めるときは、どれを捨てますか?」と尋ねる。「兵備を捨てる」と答える孔子に「残り二つのうち、どちらかを捨てなければならないとしたら、どちらを捨てたらよいのですか?」と子貢は続ける。
 すると孔子は、こう答えたという。
 「飢え死に覚悟で、食料を捨てる。昔から永遠に死なない人はいない。だが、信頼する心がなければ、民は立ちゆかない。『いにしえよりみな死あり、民は信なくんば立たず』」。
 「信なくば立たず」。
 人と人との信頼関係がなければ、何事も成就しない。
 孔子は、2000年以上も前に、こう言っている。

毘沙門天

  「敵は本能寺にあり」。天正10年(1582年)6月2日、備中高松城包囲中の豊臣秀吉の救援に向かう織田信長を襲った凶事。丹波亀山城から引き返し叛逆した家臣、明智光秀は、京都・本能寺に宿泊中の信長を討った。ご存知「本能寺の変」だ。
  天下の覇権をほぼ手中に収めた信長にとって、「下天は夢か」と言ったかどうかは定かではないが、さぞかし無念であったことだろう。が、その光秀も日を経ずして討たれ、乱世は英雄・秀吉を誕生させることになる。大河ドラマ「天地人」に倣えば、信長、光秀ともに天の時、地の利に恵まれたが、人の和に泣いたということか。この故事から、極めて短時間しか政権、権力を維持できないことを「三日天下」と言うそうだ。

 新春早々、我が主人、衛藤晟一参議院議員の「三日天下」、もとい「三日坊主」現象が始まった。何と「ダイエット宣言」が発令されたのだ。たまたま乗ったヘルスメーターの数字を見てめまいを起こし突然、決断を下した―というのが、どうやら今回の騒動の始まりらしい。いつもなら「発令」と聞いてざわめく秘書軍団も、過去に何度も聞かされたこの発令には、もう慣れっこになっているようで、「はい、はい、頑張ってくださいませ」と、落ち着いた受け答え。なんとなく冷ややかな表情にも映る。
  さて主人。第一クルーの生リンゴ・ニンジンジュース作戦は、F秘書(事務所唯一の女性秘書)の協力で無事にクリアー現在、第二クルーの野菜スープ作戦を展開中なのだが、秘書団によれば、「すでに先は見えた」そうで、じきに発令の撤回が行われそうだという。
 主人のウエイトオーバーには、それなりの理由がある。ひとつは、その日程。国会議員は会議、懇談、懇親の類を連日のようにこなしているが、そのほとんどは食事付き。そりゃあカロリーオーバーになるのも無理はない。もうひとつは、事務所の環境。ラージサイズで知られるS秘書は、先日ヘルスメーターの数字を振り切ったばかりだし、我が相棒のG秘書も体格の良さでは引けは取らない。F秘書も、まあ、そこそこ。これらに囲まれた主人なら、日ごろから危機管理の意識が薄れても、なんら不思議はない。
  それにしても、健康がすべての源。気を付けていただかなくてはなりません。

 「天の時か…」。一向に回復しない内閣、自民党の支持率に、苛立ちを隠せない主人の隣で「戦後50年を過ぎ、民主主義国家でこれだけ長期に政権を担当している政党が他国にあるでしょうか。時間の流れもあるのでは…」と話すM秘書に、主人は思わず、こう呟いた。
 「かつての自民党は、アジアの中心となる民主主義国家の確立、戦後日本の復興といった目標に真正面から向かい合ってきた。それが近年、目の当たりにする重大な課題に明確なメッセージが発信できず、直視していないように映っているのではないか。しかし、安部内閣も麻生内閣も、成果は出しているんだ。ただ、戦後の民主主義は、恐ろしいほど労力を必要とする。ひとつのことを決めるのにも、幅広く意見を聞かなければならない。当然、意見は対立する。そのつど話し合い、互いに納得できる接点を見つけていくには、かなりの時間が必要なんだ」と続ける主人に、「『少数異見』の尊重ですか」と、M秘書は口を挟む。「その過程でマスコミが報道すれば『意見の対立』から『意思統一ができない』となり『バラバラの党内』に。さらに結論が変われば、今度は『ぶれた』と言われてしまうこともある。一方の民主党は政権獲得へ形振り構わずの姿勢。審議拒否ばかりが目につくようでは、国民の皆さんの苛立ちは高まるばかりで、閉塞感が湧き上がるのも、致し方ない。現在の日本の経済事情は、予算を政争の道具にしている場合ではないはずなのだが」。
主人の悩みは深く、尽きることがない。

  先日、M秘書と連れ立って神楽坂にある鎮護山善國寺の毘沙門天を参詣、主人の安全と、来るべき総選挙での我が自民党の必勝を祈願してきた。この日は休日の午前中、あいにくの雨と重なって参拝人はまばらだったが、そのことがかえって静寂さを漂わせ、心安らぎ、素直な気持ちになれた。
  毘沙門天は、サンスクリット語で「ビシュラバナ」と表記するそうで、その音写が「ビシャモン」というらしい。「すべてを聞く」、「普聞」という意味を表し、古来よりインドで信仰されてきた「財宝の神」だ。仏教では四天王の一人に数えられ、須弥山(しゅみせん)の中腹に住み夜叉・羅刹を従え北方守護を司る。法華経には「仏法と帰依する衆生を守護する」とある。日本では、七福神の一人として広く知られている。
 残念ながらそのお姿は、善國寺のリーフレットの画像でしかお目にかかれなかったのだが、左手に宝塔を捧げ、右手に槍を持ち、甲冑で身を固めた忿怒(ふんぬ)の姿は、迫力満点。あの上杉謙信を魅了したのも十分に頷ける。

  その謙信をして、果たせなかった天下統一の野望。義を重んじ、人の和をもってしても天の時、地の利には勝てなかったということか。それとも、自身が望まなかったのか。私ごとき一車両には知るすべもないのだが、主人同様、歴史もまた、思えば深く尽きることはない。