戦う姿勢

  真夏の熱い戦いが終わった。
 歴史に残る我が自由民主党の大惨敗は、有権者が自公政権にハッキリと決別を突き付けた証しだろう。新政権誕生に浮かれる各マスコミ報道の中、産経新聞が実施した主要業種の大手企業に対するアンケート調査によれば、7割の企業が「先行き不透明」と回答、不安な一面を覗かせた。こんなところを見れば、今回の有権者の選択は、民主党への期待というよりも自民党への絶望感の表れと言えなくもない。

 いったい自民党の何が、これほどまでに嫌われたのか。
 政策というソフト面。眼に見えて進まぬ行財政改革に、もう自民党では脱官僚政治を期待できないと見切られてしまったのか。それとも遅々として進まぬ地方分権、三位一体改革は、地方が疲弊する負の面ばかりが色濃く映し出され、依然として続く中央主導に、地方の不満が爆発してしまったのか。それに加え、何よりも大きかったのは「消えた年金」に代表される社会保障制度か。将来の生活への不安を煽られたことが、国民に大きな動揺を与えてしまったのだろう。

 ハード面はどうか。カメレオンのように変わった党の顔には、身内から見てもウンザリだった。小泉元総理は、自民党の支持基盤、地方組織をぶち壊し、続く安倍元総理は、結果として保守の支持層を裏切った形となり(病だったのでいたしかたないのだが、もう少し考えた引き際があったように思う。側近には猛省を促したい)、福田元総理に至っては、本当に総理になりたかったのか、何をしたかったのか分からないままに退陣してしまった。これらすべての負の蓄積が、バトンを渡された麻生総理に圧し掛かれば、もはや如何ともしがたい。
 まして、「次は、誰が顔なら総選挙で有利か」などといった議論ばかりが先行し、挙句の果てに選んだ総理の支持率が落ちれば、すぐに足の引っ張り合いを始める。これでは、民主党の政策をいくら批判したところで、その声は国民の心に響くもんじゃあない。そんな中でも119人の同志の先生が当選できた。改めてこの期に及んでまで我が党を支援して下さった多くの皆さんに、我が主人、衛藤晟一参議院議員になり代わってお礼を言いたい。感謝の気持ちでいっぱいだ。

 元来、小選挙区制度は、二大政党でのA、B二者択一が原則。オセロゲームのように勝敗に大差の結果が表れることは何ら不思議ではない。何時でも政権交代というドラスティックな結末が生じる。政権が変われば政策も変わる。政治が不安定になるのは致し方のないことだ。
米国の二大政党のように民主党、共和党の議員数が拮抗すれば政治に緊張感が生まれ、より民主的な運営ができよう。ただしそれは、米国の場合、保守派、リベラル派のどちらもが方向に若干の違いこそあれ、国益や自由思想、愛国心など基本的な部分にかなりの共通理念を持ち合わせているからだ。
一方、我が日本はと言えば、保守政権に代わり、国旗、国歌法に反対し、愛国心にアレルギーを持つ政権が誕生してしまった。連合、自治労、日教組が支援する政権で、いったい何の改革ができるというのか。不安に思う国民の方が、よっぽど正常のように思う。

我が主人は、総選挙を振り返り、ポツンと一言「戦う姿勢に問題があったのかな」。
ドブ板、辻立ちの選挙は、本来自民党が十八番のはず。田中角栄先生の言葉を借りれば、「歩いた数しか票は出ない」のだ。
 それがいつの間にか、某組織の票をあてにし、劇場型選挙で勝ってきた自民党は、風頼みの政党になってしまったのだろうか。

 ともかく、まずは党の再生が一番だ。といっても新たな総裁は、この時点ではまだ顔が見えない。敗軍の将が兵を語らぬを良いことに、負けた兵隊が大将、執行部を批判する姿は、いまだ敗れた理由を飲み込めていない先生方がいかに多いかということで、救いようもないことか。首班指名に際し、政党人が「白紙で臨んだ方が、解党的出直しには相応しい」なんてコメントしているようじゃあ、この先、容易なこっちゃあ国民に理解されず、立ち直れそうもないな。

 こういう乱世こそ、苦労の積み重ねが実る時。我が秘書軍団は、主人の「火事場の馬鹿力」に大きな期待を寄せているそうだ。
 がんばれ!! えとうせいいち
 保守本流を貫け!!

 あ~あ、200Q年の長くて熱い夏が、やっと終わりを告げる。
 最後に一句。
 「夏草や 兵どもが 夢の跡」 芭蕉