木を見て森を見ず

 「木を見て森を見ず」ということわざがある。細かいことばかりに気をとられていると、全体を見渡せなくなる、との意だ。政治に限らず、企業、スポーツそれぞれの分野でトップに立つものの心得として必要欠くべからざる教訓のひとつだ。

 ものには各論と総論が存在する。その調整が儘ならないところに現実とのギャップが生じる。
 鳩山由紀夫総理が、この5月をめどに決着を図ると公約した米軍・沖縄普天間飛行場の移設問題。自民党政権下で13年余りの歳月を費やし、やっと二国間協定として決着を見たこの問題を、すべて振り出しに戻したのだから、半年余りの時間で、おいそれと再決着を見るはずが無いことは誰の目にも明らかなことだ。
 総理の理想とする「基地無き安全保障」は、各論から言えば多くの国民から賛同を得るに違いない。我が主人、衛藤晟一参議院議員も、「独立国・日本に外国の軍事基地が存在することには違和感がある。ましてその大部分が沖縄という一部の地域の国民の負担のうえに存在していることは、決して正常な状況とはいえないだろう」と話し、総理の考えに同調しているようにも映る。しかし、それでは、「日本の安全保障はどうするのか」といった総論になると、これがかなり違った見解になる。

 ある報道の総理番記者によると、鳩山総理の掲げる日米安保の基本は「日米間を対等な関係とし深化させる」というものらしい。だが、その中身は「日本に存在する米軍の基地は、米国の極東対策には無くてはならない重要なもので、ならばある程度の日本の意見を聞き入れ、それを踏まえて米国は妥協点を見つけるのではないか」といった、甘い考えの節が見え隠れするというのだ。
 これに対し我が主人はこんな疑問を呈した。
 「米軍が日本領土から撤退した場合の、我が国の安全保障はどうするのか。この議論を避けてこの問題を語ることは出来ない。集団的自衛権を認めず、自衛隊の活動も法解釈によって変わり、そもそも一国を守る自衛力を持ち合わせているとは思えない我が国。つまり米国に寄りかかったままの現状で、基地が撤去した場合に困るのは、本当に米国なのだろうか。憲法を改正し、真の独立国としての自衛力をもって、初めて平和に向けての対等な日米関係が構築できるはず。そのときまでは、日本の国土と国民を守る現実的対応として日米安保は無くてはならない。そのことを政治家は真摯に国民に説明をし、厳しい対応でもお願いしなければならないはずだ」。
 毎年軍事力を増強し、艦艇の沖縄近海通過など、挑発とも思える行為を繰り返す大国・中国。核開発はじめ原因不明の艦船撃沈で、緊張感が高まっている朝鮮半島情勢。日本エネルギーの生命線ともいえる台湾海峡をにらんだ中台関係。どれもが脅威で、なおかつ正義という言葉の価値観が互いに違う東アジアの中で、その平和を先導してゆく我が国が、非武装中立などという夢物語を描いているだけでは、国が滅んでしまいかねない。

 いまや国民生活第一と嘯いた民主党は、政治とカネの問題で代表されるように、民意をまったく無視した小沢一郎幹事長独裁政党になってしまった。何があっても責任など一切取らず、秘書やマスコミなど他人に押しつけ居直る政治家ばかりが目に付く。また、そのことを当然のように擁護する百数十人の取り巻きにいたっては、裸の王様というよりも、まるでカルト教団の奇行にさえ見えてくる。

 さあ、参議院選挙が近い。ここは政治の不安定さを嘆くより、国益のために、なんとしても民主党を殲滅しなければならない。そのためには小異を捨てて大同につく勇気と覚悟が必要だ。野党は、ちまちま分裂したり、党内で争ったりしている場合ではない。祖国のため、国民のために命を賭してこそ国会議員の存在があるのだから。

アポフィス

みんな歌おうもう一度
あの日のように声を合わせて
ときめく胸 恋の歌
忘れられないあの歌
誰でもいつか年をとる
当り前じゃないかそんなこと
大切なのは胸の炎
燃やし続けていること

 この歌詞で始まる歌をご存じだろうか。「座・ロンリ―ハーツ親父バンド」、永遠の若大将、加山雄三のデビュー50周年を記念して結成した「加山雄三とザ・ヤンチャーズ」がリリースした曲だ。
 このメンバーが、また凄い。森山良子、谷村新司、南こうせつ、さだまさし、THE・ALFEE(桜井賢、坂崎幸之助、高見沢俊彦)といった面々。60~70年代にかけて日本のポップス界を席巻したアーティストで、今でも、それぞれがピンで武道館あたりを満員にできる実力者だ。一世代、いや、二、三世代は前になるのだろうか。彼らの歌に自身の青春をダブらせる人は、もう中年以上になるんだろうな。そんな人は、皆思っているはず、「あの頃はよかったな」と。「娯楽は少なく、貧しかったけれど、活気があったし、なにしろ夢を見ることができた。人間同士の絆がはっきり分かった時代だった」。
 
 さる10日、平沼赳夫衆議院議員はじめ5人の議員が集まり新党「立ちあがれ日本」を設立した。夏の参議院選挙を控え、政権与党・民主党の体たらくとあいまって、一気に政界再編の機運が高まってきたようにも感じる。
 新党の結成には、各方面から様々な批評が寄せられたようだ。その一つが議員間での政策の違いを指摘する意見。郵政改革を含め方向性が違うのではないのか、といった趣旨だ。主に自民、民主所属の議員から数多く聞かれたものだが、それでは、選択的夫婦別姓、永住外国人地方参政権問題で、両党とも党内で統一した見解が出せているのだろうか。少なくとも保守を標榜する我が自民党内には、あやふやな態度の議員が存在している。まして幹事長独裁の民主党議員の真意など、計り知ることができない。もともと郵政改革は、数の力で小泉純一郎元総理が強引に押し切ったような経緯もある。当時の自民党内にだって様々な意見があったはずだ。これだけの難題が山積する我が国の現状では、むしろ党内に違った意見があることの方が正常に思える。そのなかから最終的に、民主的方法で決めればいいことのように思う
 また、参加議員の高齢を心配する声が、同じ新党「みんなの党」の代表から聞かれた。これなどはさらに奇怪な見方だ。少子高齢の日本にあって、老、壮、青すべての世代の協力なくして、国家など成り立つはずがない。政治家の価値が年齢で決まるわけがない。仮にそうならば、政治家を選ぶ選挙は、年齢で決まってしまうことになる。いずれにしろ、政治家に必要なのは、前出の歌の歌詞とおり、国と国民を思う心、そして情熱なのではなかろうか。

 平沼先生には、我が主人、衛藤晟一参議院議員が衆院初当選以前から大変お世話になった。同じ保守を望む政治姿勢も、お教えいただいた。それだけに主人は、「平沼先生には、是非頑張っていただきたい」と、エールを送りつつも一方では複雑な表情を隠せない。
 「新党に参加された先生は、みな自民党時代に党幹部として活動された方だ。この自民党結党以来の危機に、再生に向け先頭に立っていただきたかったというのが、偽らざる気持ちだ。いまの私は、党内の中堅、若手の議員とともに、保守自民党の再生に向け頑張っていきたい」と、胸の内を明かす主人。打倒民主の目標が同じだけに、必ずや次のステージでは、志をともにすることのように思う。今はただ、自民党にかける思いが、もう駄目だと思うのか、いやまだまだと思うのか、それだけの違いに思えるのだが…。

 先日、テレビ番組で小惑星・アポフィスのことが取り上げられていた。この直径270メートルの小惑星は、その軌道から2036年には地球に最接近するそうだ。さらに、地球に衝突する確率は、NASAによれば45.000分の1、欧州宇宙機関によれば、なんと450分の1だというから驚く。天文学の中で450分の1なんていう数字は、何の誤差にもならないらしい。衝突した場合の威力は、広島に投下された原子爆弾の30万倍と計算されているようだ。
 もしも、実際に地球衝突の軌道をとった場合、助かる方法は何らかの方法でアポフィスの軌道を変えることくらいしかないそうだ。そんな科学技術が、あと26年後の人類に備わるだろうか。「アルマゲドン」や「ディープインパクト」なんて、スクリーンの中の話だとばっかり思っていたのだが…。

 環境問題もしかり。地球的危機に向かって、今人類に何ができるのか。些細なことで争っている場合ではない。

ダイエット

 事務所恒例の「さくらを見る会」が今年も無事、開催された。昨年は雨、今年はどうにか天候に恵まれたものの、夜桜を楽しむには肌寒く、心なしか桜も元気がないように見えた。それに引き換え秘書軍団は、相変わらずのノー天気ぶり。花より団子とばかり、めったに食べることのないフランス料理に、舌鼓を打った。

 ところがそんな中で、若干3名のフォークが重い。我が主人、衛藤晟一参議院議員とS秘書、G秘書の3人は、なにやら互いに牽制をしている様子。どうやら、8月末をゴールに展開されているダイエットレースへの影響を気にしているようだ。
 このレース。もともと主人の「太っている自民党議員は、どうも悪人に見えるらしい」といった軽率な言葉に端を発し、「それじゃあ健康のため」と、同じ体形の2人の秘書を巻き込んで始まってしまったらしい。
 ルールは、それぞれがマイナス12キロに目標を設定し、達成できなかった場合の1キロにつき罰則はチョコレート5枚(?)で、勝者の総取りで争うというもの。主人の勝手な思いつきとはいえ、みな納得をして(半分は強制のように見えるのだが)取り組んでいるようだ。
 ちなみに途中経過を報告しておくと、F秘書に作らせる「特製ジュース」の効果か、主人が頭ひとつリードしているらしい。が、M秘書によれば、「3人をイモに例えると、ジャガイモ、さつまいも、里芋みたいなもので、似たり寄ったり。最後は、根性と、執念の勝負」だそうだ。気になるのは、それぞれの雰囲気。俄然頑張っている主人は、余りのハイペースの逃げに、末脚が心配だし、S秘書は、もうひとつ根性に欠けるところがあって当てにはできない。一見、一番若いG秘書が有利のようにも思えるのだが、気合いの乗りがいまいちで、それぞれに難がある。しいて印を付けると、本命不在で、○主人、▲G秘書、…S秘書としたが、どうだろうか。落馬、競走中止がないように祈るしかない。

 ダイエットに関しては軽口を叩く主人だが、日ごろの言動には慎重だ。テレビ出演をする際にも「もう少しパフォーマンスをしても良いのでは」という秘書軍団の要望を尻目に、「国会議員は自分の言葉に責任を持たなくてはいけない。特に実行できる与党にいれば、なおさら。面白おかしく思いつきで言えるものか」と、自分のスタンスを崩さない。それが地味に映ると言えばそうかもしれないが、「うちのオヤジの魅力」と言えば、言えなくもない。
 同じことは、今の自民党にも言える。野党として派手なパフォーマンスに欠けるのは、政権を担当していた時の責任を体験しているからこそのこと。財源のない政策や、妄想のような安全保障を吹き捲るどこかの政党とは大違いだ。

 「それにしても、ひどいな。いったいどの言葉が真実なんだろう」と主人が訝しむのが、鳩山由紀夫総理が発言する一連の米軍・沖縄普天間飛行場の移設問題。自身で「3月をめどに政府案をまとめたい」と勝手に言っておきながら、期日が迫ると「それは法に書いてあることではない」と言うようなあやふやな表現になり、ついには「2、3日遅れても、大した問題ではない」、「私には腹案がある」と開き直ってしまった。一国の首相というより、一社会人として、恥ずかしくないのか。どうにも理解できないと思うのは、私だけだろうか。

 普天間以外に目を向けても、その迷走ぶりは、財源を将来に付け回すばら撒きの予算編成、閣内バラバラの郵政改革、不履行ばかりのマニフェストなど挙げればきりがない。一部マスコミの調査では「自民党政権より悪くなった」という数字が6割を超えたという。そりゃあそうだろう。私など、内閣支持率が、いまだに30%位あることが、不思議でしょうがない。いったいこの内閣、8月末にはどうなっているんだろうか。主人のダイエットレースの結果ともども、予想するのは難しい。