日本保育協会、長野県支部研修会で講演

 衛藤晟一参議院議員は1月27日、都内で講演し、迷走する民主党政権の政策の問題点を指摘した。この講演は、日本保育協会長野県支部(加藤要瑞支部長)研修会の一環として行われたもの。
 衛藤議員の発言骨子は次のとおり。(N)

●はじめに
 エンゼルプランが幼保一元化のもと。この元を私が社会部会長のときにつくった。障害の方もやりかえるということで障害者自立支援法をつくった。隔離型はやめたほうがよかった。「自立と共生」、「完全参加と平等」(という言葉)を使ったのは私。助け合いの気持ちを大事にしたが、そのような中で今の民主党政権を見ると問題点ばかり。

●民主党のマニフェストについて
 民主党は16.8兆ある無駄の撲滅できると言い、今は9兆2000億円と言っている。できたのは8000億。埋蔵金は終わった。/子ども手当、農家戸別所得補償、高速道路無料化、高校無償化などは意味のない政策。特に子ども手当は、「子育てが大変だから国がしよう」ということ。子供の国有化だ。共産国がやること。本質的にとんでもない政策。/自民党の児童手当は第一子5000円、第二子1万円だが、これを例えば、第一子0円、第二子1.5万円、第三子2.5万円、などにしてもよい。この方が少子化対策になる。だが、第一子が(全体の)何パーセントかといったデータを厚労省は持ってない。

●農家戸別所得補償制度
 自民党は10年前から農地集約化、集団営農をしてきた。戦後のコメ増産農政で、昭和42、43年からコメが余るようになるとともに、農業所得がサラリーマン所得に追い越されるようになった。農地を宅地として売ると何百倍にも値段が上がる。(戸別所得補償制度は)全く意味がない。

●高速道路無料化
 必要ない。むしろ道路をつくってほしい。(大分は特に。宮崎まで4時間かかる。)

●外国人地方参政権、夫婦別姓等
 今、帰化要件はものすごく楽。選挙権を持つということは運命共同体だから参政権を与えることはありえない。/先日内閣部会のワーキングショップで松居和埼玉県教育委員長が「欧米のように家族破壊していいのか」と怒られた。

●障害者自立支援法改正
 「これだけは通してくれ」「私が言っているから」と議員提案し、(通さなければ)「他は全部廃案にしてやる」と言って通した。

●障害者基本法
 国際人権規約が元。(障害者の)人権を脅かすのは、まず精神病院、で、そして葛城お世話している人だ、と。平成15~18年で障害者支援制度をつくったが、駄目。がんばっている人に支援しなければ。要求したものは全部出せ、という人もいる。(出さなければ)人権問題、と。団体の裏を調べたら日共系。

●普天間問題
 本音は反米。米兵13000人のうち8000人をグアムに振り分けた。しかし、ヘリコプターだけは輸送手段の足だから、外に出せない。いざというときに近くにないといけない。それで名護になった。だが鳩山さんは県外、と。

●TPP
 アメリカは元々環太平洋経済連携をつくりたいと思っていた。しかし、鳩山さんが「アメリカ抜きでやりましょう」と。こんなふざけた友人はいないとアメリカは怒った。9ヶ国のうち、貿易量は日米が9割。ただ、この中身は金融から保険から働き方から全部入っている。(TPPの件で)アメリカは日本を信用してないというというのがはっきりした。

●尖閣諸島沖、中国漁船衝突事件
 12海里(22キロ)とはその国の及ぶところ。昔は中国の周辺まで日本の漁船も行っていた。今は、海保が危ないから行くなと言っている。中国は平均5~6隻一団で平気で日本の領海に入ってくる。漁網がひっかかっても平気で切る。/(衝突事件が起こったときは)50~100隻いて、(海保が)出ていけ、と言ったらぶつかった。逮捕するのが当たり前。事件の中国漁船は166トン33メートルで、「よなくに」には船首をぶつけた。沈没するかもしれない危険行為。船で一番強いのが船首。弱いのは横っ腹。分かってぶつかった。「みずき」からは黒煙を出して逃げた。二重に悪いことをした。政府は指揮権発動すればよかったにもかかわらず、那覇次席検事が外交するなど、二重、三重にエラーをした。

●中国の軍拡
 朝鮮動乱は、中国は今も公式見解ではアメリカがやったと言っている。任意の志願兵として攻め込んだ。戦車は韓国に一台もなかった。北は工業地で豊かで、南は貧困の地だった。最高のチャンスだ、と中華人民共和国ができて一年後にやった。他にはチベット、ウイグル、西沙など。/軍事費を20倍にした。今は戦闘機比率が中国380対日本200。

●保育の在り方
 平成6年のエンゼルプランの責任者は私。はじめに女性議員から「また戦前のような産めよ、増やせよ、をやるのか」と叩かれた。そうではなく、国がやるのは啓蒙活動。/東京周辺は施設が足りない。県都がトントン。県都を離れると空きがある。/なぜ「保育」ができたかというと、貧しかったから。託児所の延長。子育てをするお母さんが大変だから国が支援しましょう、と。足りない分を国が支援する。あくまでバックアップ。幼も保も子供の子育てをどうやるか考えないといけない。/制度は親の都合ばかりを考えてつくられ、子供のことを考えてこなかった側面もある。/子育てや家族によろこびをもてる環境にしないといけない。子育てという問題の根幹が問われている。/未婚の母から生まれる子供は、アメリカ33%、イギリス34%、フランス37%、スウェーデン50%。(日本をこのようにしてはいけない)/民主党では、しばらくはこのままでいくしかない。
IMG_3159_convert_20110128161730.jpg

創生「日本」元年

  「国民からの信頼を失ったこの政権がいったいいつまで続くのだろうか。来年度の予算編成を審議する通常国会を前にして、政局の話が先行するようじゃあ情けない。内閣を改造したことで国会審議は始まるだろうが、依然として決着を見ない『政治とカネ』の問題や新たな閣僚の資質、まして政府提出の予算案が本当にデフレ脱却、雇用、景気対策に結びつくものなのかどうなのか、私も予算委員会の野党筆頭の理事として、責任を持った審議を心掛けるつもりだ」と開口一番、新春に上京した我が主人、衛藤晟一参議院議員は今年の抱負を語った。
  「衆議院で多数を占める与党の予算案は、例え参議院で否決されても自然成立する。問題は関連法案。始めから反対ありきではないにしろ、中身によっては参議院で否決されるものもある。すると予算を成立させることを条件に与野党間で何らかの合意が形成されるかもしれない。さらに『政治とカネ』の問題次第では、与党内の亀裂が一層深まる可能性もあり、まずここが政局の第一関門だな。ここを越え年度内に予算が成立すれば、今年は統一地方選挙なので国会の論戦はしばらく休戦になるんだが、その結果次第では敗れた政党の責任者が何らかの責任を取らざるを得なくなるかもしれない。まして現政権は6月をめどに消費税率改定、TPP参加の方向性に道筋を付けると明言している。会期末と併せここが二番目の政局になるのかも。そして一番大きなヤマ場はこの後に来る平成24年度の予算編成だろう。政策の転換、税制の改正、連立政権の組み替え等、何らかの打開策を打ち出さない限り現状のままでは予算を組むことが不可能になるのではないか。これこそが大きな政局になりかねない。いずれにしろ民主党政権が行き詰るのは明白。どうやら秋の陣になりそうな気がするんだけど…」と、政治の流れを予想した。
  「いずれにしても私のやることは一つ。民主党政権を打倒、真の独立国家の体制づくりを目指し保守の大同団結を進めることだ。混迷した今の政治に、一筋の光が差し込むような、創生『日本』元年にしてみせる」。オヤジの今年の目標は、かなりデカい。

衛藤議員が「尖閣」の署名運動

 IMG_3104.jpg

 衛藤晟一参議院議員は1月14日、「尖閣を守ろう」という全国各地で展開する市民署名運動に参加、JR有楽町駅街頭で寒風吹きつけるなか、行き交う都民に協力を呼びかけた。
 この運動は、日本の誇りある国づくりを推進する日本会議(三好達会長)が主催したもので、衛藤議員は日本会議国会議員懇談会の政策委員長を務めている。1月14日は、明治28年に政府が尖閣諸島を沖縄に編入することを閣議決定した日にあたり、沖縄県石垣市はこの日を条例で「尖閣諸島開拓の日」と定めている。(S)
 
 衛藤 「戦後の日本は、安全保障を他国に委ねてきた。そのなかで昨年、中国漁船が海上保安庁の巡視船に故意に衝突した事件が起こり、そこで菅政権は政府自ら国家の主権を放棄する暴挙を犯してしまった。こんなことでは日本は守れない。私たちはみんなで力を合わせて、固有の領土である尖閣諸島を守るという国民の意思を示さなければならない」

謹賀新年

謹賀新年 今年もよろしくお願いいたします。
 今年の政界はどんな一年になるんだろうか。国民の期待を裏切った民主党政権がどんな連立を模索しても、政策に矛盾を抱えた数合わせ、いわゆる野合のそしりは免れまい。かといって自民党には、いま一つ信頼が回復したとは言い難い世論調査の結果が…。結局は政界再編ということしかないのかも。とすれば対立軸はいったい何になるのかな。まさか誰が好き、嫌いで分裂するなんてことはないとは思うが、主義、主張、政策だけで物事が決まらないのも現実。どの世界でも人間関係は最も重要な要素だ。

 そんな一年に立ち向かう、オヤジと秘書軍団の決意はいかがなものか。年始のあいさつを兼ねてご紹介。

 衛藤晟一 「混迷した日本の政治に、何かしらの光が差し込む気がする。いや、そうしなければいけない年。大連立なんてあり得ないことだけど、例えば憲法改正を対立の軸に据えれば、国民にも分かりやすい再編になるんじゃあないかな」

 S秘書 「今年の夢は、民主党政権を打倒し、第二次安倍晋三政権の樹立。オヤジには官房長官になって欲しいな。そして、失われた日本人の誇りを取り戻す政治を断行するんだ」

 F秘書 「仕事は淡々と、プライベートは情熱的に。私生活が充実しなければ、仕事も充実しません。今年は、矢沢永吉と松山千春のコンサートへ行きたい!」

 G秘書 「仕事は勿論頑張るけど、今年は危険物取扱者(丙種)の免許書き換えがある。10年ぶりに勉強でもして、保安監督や立会のできる乙種にでも挑戦してみようかな」

 N秘書 「大きな転換期を迎え『先読み』ができる秘書になりたい。マツダのRX-7で首都高を走りたい。尖閣諸島に上陸したい。映画を100本(レンタル含む)見たい」

 K秘書 「自分が担当している組織、団体とより一層交流を深め、互いの目標に向かって頑張りたい。エジプトへ行って、ピラミッドを見るのが夢なんだけど…」

 M秘書 「劉邦軍の韓信のように戦に強く、呉の周瑜のように義に厚く、石田三成重臣の島左近のように信頼され、真田幸村のように華麗な男に、私はなりたい」