未来への復活

 衆議院が解散した。待ちに待った総選挙だ。ウソで塗り固められた公約と不毛な議論に終始した3年間がようやく終焉を迎えようとしている。「民主党はもう、うんざり」という国民からの多くの声が聞こえてくる、しかし、元はと言えば民主党政権を選んだのはその国民自身のはず。民主党だけに責任のすべてがある訳ではない。

 解散を決定づけたのは14日の党首討論。「特例公債、0増5減、定数是正、国民会議委員の選任―などの案件を飲めば16日に解散する」と突然、具体的に解散の日にちを言明した野田総理に対し、安倍総裁は一瞬怯んだ―というのが大方のマスコミの論評だったが、本当かな。用意周到事前に決意を固め、意表をついて一気に突っ込まれれば、それを平然と受け流せという方が無理というもの。そもそも総理は「近いうちにという国民との約束を守った」と声高だかに胸張っていたが、約束なんて守って当たり前のことじゃあないか。そんなことが偉くも何でもないことは小学生でも分かっている。つまり政治家のレベルはこんな程度と醜態を見せてしまったようなものだ。
 さらに、「ここで定数削減を決め切れない、覚悟のない自民党には政権を戻さない」なんて息巻いたが、議論のすり替えも甚だしい。自民党と民主党が国会のすべてではあるまい。この言葉ほど奢りの発言はない。常に美辞麗句をならべ、そのくせ何の中身もない民主党政治そのもの。決められない政治の原因は、ねじれ国会ではなく、党内で意見の集約のできない与党・民主党自身にあるのは離党者が後を絶たない現状を見れば明白だ。

 また、野田総理は、こんなことも言った。「時計の針を戻さない、前に進んでいこう。古い自民党に戻してはいけない」。
 古い自民党に戻すな、この言葉はマスコミもよく使うフレーズだ。では仮に古かったとして、古いものはすべてがいけないものなのか。前に進んで行ったってその先が崖ならどうしようもあるまい。古くたって、貧しかった時代だって、素晴らしいものはいつまでたっても輝かしいものなのだ。挫折を知り一皮むけた安倍自民党は、良い意味での伝統を受け継ぎ、悪しき慣例を打ち壊すことのできる未来志向の戦う集団に生まれ変わっている。
 
 きっとその答えを、必ずやこの選挙が教えてくれるはずだ。
 強い日本、強い自民党、未来に向けた伝統の復活を祈る!!
 

野球

 もういくつ寝てもやってこないと思われた臨時国会がついに始まった。重要法案目白押し、なかでも特例公債法や一票の格差是正など極めて緊急的に審議に入らなければならない法案がある中での臨時国会。与党・民主党の対応をみているとどうもさほど重要と思ってはいないらしい。ただただ任期を全うしたい、国会議員を辞めたくない、そんな姿勢がみえみえだ。参議院のある先生が「外交音痴で宇宙人的発想の鳩山、えせ革命家の菅と戦後最悪の首相を連発した民主党政権だが、二人とも一様辞め方は知っていたようだ。一番恐ろしいのは野田総理かもしれない。奇麗ごとばかり言ってずるずると居座る。一見保守に見えて何もできないこの方が、実は最悪の総理になるかもしれない」と予言していたことを思い出した。まさに先見の明だな。

 最近、第三極を模索する動きが活発になった、という報道が目につく。確かに有権者に選択肢が増えることは望ましいことだ。しかし、それが政治理念や政策を無理やり擦り合わせたものだとすれば残念だ。たちあげれ、国民生活、みんな、維新、減税などそれぞれが独自の政策を打ち出している。これがひとつにどうまとまるのか。ひとつ言えることは代表が全員4番打者で主将ということ。ホームランバッターを揃えたところで強いチームにならないことは、あの読売巨人軍を見ても明らかだ。

 その点、手前味噌だが自民党は駒が一番揃っている。戦の強さは、優秀な指揮官を有することだが、何よりも前線の兵士が勇猛果敢に働かなければ話にならない。単に数だけ多くて何も決められない民主党はまさに現代の「烏合の衆」「小田原評定」というべきだろう。

 そこで、不謹慎にも独自の判断で我が自民党を野球のチームに例えてみたが、皆さんのご意見はいかがか(敬称略)。
 1番ライト小泉進次郎、2番セカンド菅義偉、3番サード石破茂、4番ピッチャー安倍晋三、5番ファースト麻生太郎、6番ショート稲田朋美、7番レフト山本一太、8番キャッチャー衛藤晟一、9番センター茂木敏充、DH西田昌司。
 コーチに三原じゅん子、丸川珠代とここまではすんなり決まったが、監督は、と思って手が止まった。さて、誰にしようかな。