インターン

 学生時代インターンとして事務所を手伝ってくれた仲間が、相次いで久しぶりに事務所を訪ねてくれた。インターンとは、ひと時代昔は「書生」と呼ばれていたもので、動機は個人によりそれぞれ別々だが、要は政治家の事務所のお手伝いを通して社会勉強を重ねたり、或いは自分の進路に役立てたりするものだ。
 
我が事務所も過去に数人お世話してきた。「来るもの拒まず。国会を通して世の中の仕組みを勉強してくれれば良い。きっと挨拶や礼儀など、自分を磨くのには良い場所のはず。これからの日本を背負って立つ若者に、そういう機会を提供するのも国会議員として大切な役割だと思う」と言うのが我がオヤジの考え方。

 K君は大学3年から卒業までの2年間インターンとして通い卒業後は商社マンになった。石油を扱うワールドなビジネスだ。現在は名古屋支店に勤務、出張を機会に訪ねてくれた。
 「僕はいつでも最低限の現金だけは持ち合わせています。先輩、後輩、或いはお得意先から声がかかった時のために。酒でも遊びでも、金がなくて断ることは絶対にしない。女房には迷惑かけていますがそれが人と接する自分流の哲学ですから。それを教えていただいたのは衛藤事務所でした」
 彼は社内で最年少の課長に出世したそうだ。

 「僕が一番役立ったのは花見の場所取り。事務所のインターン時代に任されて、ろくな場所が取れず『使えねえな~』ってみんなに怒られたでしょ。だから新入社員で担当した時、あの経験がためになったんですね。『お前、気が利くな』って先輩から褒められて。なんとなく今の自分があるのは、そこのあたりからかなって思うんです」
 何が後で役に立つのか分からない、って笑って話してくれたのは大手製薬会社宣伝部で活躍するT君。今月下旬からは栄転で神戸へ向かうそうだ。

 「みんな頑張っているな。少しでも事務所の経験を生かしてくれればこれほど嬉しいことはない。みんな立派な大人に成長してくれていて有難い限り」
 近況を聴いていてオヤジも満足そうな笑顔を見せた。

内閣総理大臣補佐官

 安倍晋三内閣が誕生して1カ月が過ぎた。
 迅速な組閣から始まり「アベノミクス」に代表される経済政策、大規模な補正予算の編成、速やかな来年度予算編成に加え、東日本大震災の被災地視察、東南アジア歴訪などを難なくこなした安倍総理は、まるでロケットのようなスタートを切った。(ハナマルだね)

 我が議員も内閣総理大臣補佐官に就任して1か月。官邸通いもどうやら様になってきた。
 「ところで、補佐官ってなにをするの」という問いを多くの支援者からいただく。本人いわく「別にこれと言ってないよ」と嘯き「まあ、総理の話し相手かな」なんてとぼけている。しかし特命は「国政の重要課題を担当させる」(安倍内閣総理大臣)というもの。この国難の時代、すべての案件は、国政の重要課題にほかならない。

 「総理の会見の後ろに映るような補佐官の仕事はやらない。自分に課せられた案件を調査、研究取りまとめ、何時でも総理にアドバイスできるようにはしている。それが何かって、よくマスコミから聞かれるけど、それは言えないよ。やがて総理の取られる行動に反映されていれば、それだけでいい。補佐官っていうのはあくまで黒子。総理がしっかりとした政権運営をできるように、そのことが日本国家、国民のためになるように。それだけを心掛けている」

 第183回通常国会が始まった。
 衛藤晟一参議院議員の役職は以下のとおり。

 内閣総理大臣補佐官 参議院総務委員会委員 
 同北朝鮮の拉致に関する特別委員会委員
 憲法審査会委員 自由民主党大分県支部連合会長