婚外子

婚外子

 今回は婚外子の遺産相続問題に一言。
この件でも多くの皆さまから陳情をいただいた。日本の伝統が壊れる、法律婚の意味がないなど、理由は様々でしたが大方は現行の法律(婚外子は2分の1)を支持する意見だった。ちなみにうちのオヤジも同意見だが…。

 家族制度、戸籍制度の崩壊、夫婦別姓への波及など多くの問題を含んでいるこの問題では、まっすぐに生活している皆さんの反発は納得できる。だけど、婚外子の子供の立場から見たらどうだろうか。
 そもそも日本の伝統は一夫一婦制だったかどうか、歴史に疎い私は知りえないことだが、確かに正妻やその子供にしてみれば「ふざけるな!」というのは勿論だ。それに未婚の母は大人だけにその立場で出産を選んだ自己責任がある。だから遺産相続はゼロなのだろう。
 それに引き換え生れて来た子供は親や環境を選べない。それでいて父親はハッキリしていることになる。子どもには何の罪はない。

 だいたい、この問題の大きな原因は婚外子を産ませた「男」じゃあないのか。遺産相続の責任も取れない男が外に女をつくる(?)なんていうことがふざけているんだ。
 「法の下の平等」をどう解釈するのか。いっそ憲法を改正して家族の在り方を考えるのも得策とは思うが(だから自主憲法制定なんだ)、家族愛を法律で定めなければならないなんていう民族なんて恥ずかしくないのか。やっぱり教育が問題なんだな。

 いずれにせよ恋愛や家族の在り方はいろいろ。責任を持った行動が大切だ。