スーパーのお総菜

 「本当に景気は良くなっているんですか。高額な商品が売れているようだし。そう言えば先日乗ったタクシーの運転手さんが、『いつも盆暗な仲間が、ここのところびっくりするような売上なんだ。景気が良くなってきているのかな』と言うんだよ。でも、テレビや新聞報道では所得格差が広がっているだけーというし、本当はどうなの?」。
支援者からこんな電話をいただいた。
「たぶん良くなっているとは思うけどナ…」。

 第186通常国会が24日から始まった。6月22日まで150日間の論戦が繰り広げられる。
 デフレ脱却から経済の「好循環実現国会」(安倍晋三総理)と位置付けられた今国会では、101兆円超の歳出となる2013年度補正予算、2014年度当初予算の早期成立がまずは焦点になる。また、4月からの消費増税を控え、税と社会保障の改革やエネルギー政策、さらには集団的自衛権の政府解釈の見直しなど多岐にわたる重要案件が目白押し。ここは「戦後レジーム」からの脱却を掲げる安倍政権にとってはじっくり腰を据えて取り組まなければならない正念場を迎える。

 さて、冒頭の話に戻る。
 先日某テレビ番組にオヤジが出演した際に、こんな話になった。皆さんはどう思うか。それはレギュラ―コメンテイターがアベノミクスへ言及した時のこと。
 「高価な品物が売れだし、景気が良くなったと言われるがそれはほんの一部でのことだ。スーパーのタイムセールで値引きされたお惣菜が飛ぶように売れている事実を見れば、景気浮揚を感じている人は少ない。ますます格差が進んでいる気がする。気分だけで好景気というのは実態を見ていないからだ」。
 これが庶民の生活だと言わんばかりの剣幕だった…。

 でもね。そもそも経済政策による効果は実際に反映されるまでにはそれなりの時間を要するし、まして職種によっても違いがある。さらに物事にはすべて表裏、勝ち負けが存在し、格差は少ないに越したことはないが全員が勝者になるなんてことはあり得ない話だ。
 更に言えばタイムセールでお惣菜を買う人がすべて低所得者(表現がよくないが)と決めつけるのはずいぶんな話だ。核家族化も進み1、2人用の惣菜パックはリーズナブルじゃあないか。食費を切り詰めて乗用車の購入や海外旅行の費用にあてた、なんていう友人をけっこう知っている。ようは千差万別。スーパーから世界を見ても、世の中のすべてが見える訳じゃあないんだから。
 なんてったって景気浮揚は期待感、マインドが大切なんじゃあないかな。
 もっとポジティブに。だって、数件(人)の例外を除けばマスコミやコメンテイターなんてマッチポンプみたいなものだろうが。

冗談じゃあない

      正月気分もすっかりさめ、日常の業務が始まった。昨年の通常選挙を無事乗り越え暫くは選挙から解放された、なんて思っていたのだが、新春早々から沖縄・名護市長選、東京都知事選と国政にも影響のある大切な選挙が続く。本当に秘書の仕事は何時でも選挙ばかりに追いまくられる。これが宿命のようだ。オヤジも今週は沖縄入りし、臨戦態勢を整えている。
 
 ところで都知事選に細川元総理が出馬する意向のようだという報道を聴いてびっくりした。(14日午前時点)それも小泉元総理と反原発で連携するというからなおさらだ。マスコミが躍起になって報道しているが、アホじゃあなかろうか。正直ゲンナリしているのは私だけだろうか。
 細川元総理と言えば佐川急便からの1億円借り入れ問題で、なんの説明もないままに総理大臣を退陣されたお方。これがいくら20年ほど昔の話だから―とは言ったって、前職の猪瀬前都知事が5.000万円の借り入れ疑惑で退陣された直後に後任を選ぶときに、単純に考えても倍の1億円疑惑のある候補者が出馬するってことだろう。その方が有力候補だなんて報道が煽るのは、冗談以外の何物でもないじゃあないか。そう思いませんか。
 
 まして、小泉元総理と反原発でタッグを組む(?)というらしいが、まさか都知事の仕事が国のエネルギー政策だけじゃああるまいし、マスコミも何を寝ぼけて報道しているのか。総理大臣までお勤めになって引退された方が、何をやり残して知事になろうというのか。東京都民も随分と舐められたもんだと思う。
 若くて生きの良い優秀な候補者はいないものだろうか。古今東西、政界を含む各分野の人材難はいた仕方がないのかもしれないが、人を育てる―という視点が足りないような気もする。

 時にとんでもない候補が大量の票を獲得するのが東京選挙区。
 今回ばかりは、冗談じゃあないんだけどナ!!

続きを読む

新年快楽

 新年おめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

 いよいよ平成26年の幕開けだ。オヤジ(衛藤晟一)の仕事初めは地元・大分での挨拶回りから。衆議院議員時代は週末の大半を帰省していたものだが、参議院議員(比例代表)になるとフィールドが全国、なかなか地元へ帰れなくなっているので、年始年末くらいが地元支援者から直接話を伺う大切な機会になっている。民意を自分で確かめることは国会議員として大事な仕事のひとつなのだ。

 さて、私事で恐縮だが今年も元旦は神社回りに勤しんだ。朝いちは氏神さまである新宿花園神社、続いて靖国神社に詣で最後は国会事務所の氏神さま・山王日枝神社に参るというのが恒例行事になっている。

 「う~ん、いつ来てもこの場の雰囲気は独特のものがあって心がジ~ンとするわ」。靖国神社に着くなり一言唸ったのは、今年で83歳を数える我がお袋。大東亜戦争を知る昭和一桁生まれだ。「安倍先生は偉いわね。先日参拝されたもの。どうして中国、韓国の人はとやかく言うのかしら。戦争で亡くなられた方に、そのお陰で平和ないまを生きる私たちがお参りするのは当たり前のことでしょ。それをなんだ、かんだ言う国も国だけれど、そのことを垂れ流す日本の報道も呆れるわね。変な世の中になったものね」なんて隣でぶつぶつ呟いている声を聴くと、さすが老いても我が親-と頷き、まだまだ大丈夫だ―なんて妙に嬉しくもなるから不思議だ。

 3日の夜は中国の友人と食事に出かけた。私は商売柄か中国人、韓国人の知り合いが意外に多い。みんな日本を素直に理解してくれる友人ばかりだ。(そういう人しか友達にはならないのだから当たり前だ)
 歌舞伎町で入った店は大繁盛していたが客の大多数が北京語を話していたのには驚いた。「いったい全体ここはどこの国だ」。ついには上海語、広東語も乱れ飛びだし、こちらも愛国心に火(?)がついて何となく腹立たしくなり、つい友人に「どうして嫌いな日本にこんなに大勢来るのか」といつになく厳しい口調で言葉を投げつけてしまった。
 すると友人は事もなげに「みんな自由で豊かな日本が好きなのさ。円安の効果もあり中国人観光客も増えていると思うよ。僕の知り合いもみんなで靖国神社に初詣に行ったって言っていたよ。日本が嫌いなのは中国共産党だけ。一度来日したほとんどの中国人は、みな日本を好きになっているよ」。
 中国共産党と中国人。まだまだ私には理解できない。