表と裏

  人生は博打のようなものだ。どんなに安全牌を選んで凌いだ所で、テンパってしまえばどこかで必ず一か八かの勝負をしかけなければならない場面に出食わす。しかも結果は、永遠に勝ち続けることは不可能だし、だからといって負け続けることもない。それは紙一重で決まる場合もあれば大差の時もあるだろう。いずれにしても多少の差異はあるにせよ最終的には勝つか、負けるか、限りなく50%の確立で収まるようになっている。勝負の究極は二者択一。表か裏かのコイントスのようなもの。そこが人生の大きな分かれ目なのだ。

 最近のマスコミ報道は、佐村河内守さんの作曲や小保方晴子さんの「STAP細胞」など捏造疑惑を報じて盛り上がっているが、この話には共通点がある。それは、一度はマスコミに絶賛して取り上げられたものが、ひとたび疑惑が浮かび上がると手のひらを返すように袋叩きにあっているという点だ。
 ものには表と裏の顔があるということなのだろうか。勿論、不正が事実ならばそれも致し方のないことなのだろうが、あえて言えば当初の段階でその事柄を検証し、真実を見抜くことが出来なかったのだろうか。そういった努力をしなければマスコミはただの垂れ流しということになってしまうし、その社会的影響力を考えれば、そのことは大きな問題になるんじゃあないのかな。

 もっとも事実の事柄とて見解は賛否に分かれるものだ。例えば、国会が衆参のねじれて決められない政治だと指摘し、強いリーダーを望む声があったのだが、それが解消すると一変、今度は一党独裁で暴走する政権と批判する声に変わる。政府が予算を縮小すれば、「景気対策はどうするんだ」と追及され、それではと大型の財政出動を伴えば「財政規律はどうするのか」と叩かれる。立ち位置によって見解の相違は出てくるのだろうが、それならばせめて詳しく検証してから批判してほしいと思うのだが。

 近年、国会では議員定数の削減、政治にかかる金銭、選挙制度などが議論されているが、これについて一連のマスコミ報道はどの国の何と比べてこの国のどこがおかしいと検証しているのかさっぱり分らない。
 果たして我が国は世界的に見て人口に対する議員の数は本当に多いのだろうか。政治家一人の経費は高額なのだろうか。選挙にはいったいどれくらいの金額が使われているのだろうか。小選挙区制度の導入で政治は本当に良くなったのだろうか。我が国の政府支出は対GDP比でどうなのだろうか。
 じっくり調べて検証した上で正しい立ち位置を国民に教えてくれるのも報道の大きな役割ではないかと思うのだが。

動画の取り消し

  本日から26年度予算の参議院での審議が始まりました。補正予算の審議以来暫くぶりに論戦の場が移ってきます。これからが本当の意味での参議院の始まりです。

 さて、前回の動画の件では多くの皆さまにご心配、ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。オヤジの発言の一部が政府、或いは内閣の見解と見なされるような誤解を受けたところがあったため「そのことは本意でない」ということで取り消させていただきました。話した内容には自身と自国のプライドを持って発言したことですが、これから憲法改正等大義を目指す安倍政権のご迷惑になってはならぬということで撤回した次第です。そこのところをご理解いただければ幸いに存じます。

 皆さまからは多くのメール、ファクス、手紙や電話をいただきました。有難うございました。大半は「よく言った。米国の方が内政干渉だ」、「多くの国民を代弁した意見で、この発言の何が問題なのか分からない」、「補佐官だからこそ出来た発言ではないのか」など激励のお言葉でしたが、なかには「正当な発言なら取り消すのはおかしい」、「途中で撤回するなら始めから発言をするな」、「補佐官として安易な発言。影響を考えろ」などお叱りの言葉も頂きました。
 どれもがオヤジを想っての温かいご意見。肝に銘じながらうかがわせていただきました。

 今回のことで改めて考えさせられることがありました。ひとつは、日本のマスメディアがこれほど米国に遠慮しているとは思わなかったことです。
 マスコミの大半はオヤジの発言を「米国批判」と報じ、日米関係への悪影響を懸念したものでしたが、なかには日頃から「対等の同盟関係」を主張し「米国追随」と我が国の外交を批判していたメディアさえ一斉に米国重視、尊重を表明したことです。これには驚かされました。
 日頃のオヤジの政治活動を見ていただければ決して反米でないことは一目瞭然だと思いますし、まして米国からの「失望」発言は我が国への内政干渉とも受け取られかねないことだと思いますが、そのことにメディアはいっさい触れずじまいでした。
 本来の同盟国とは互いを尊重しながら言いたいことは言い合うことが出来ることが理想だと思うのですが。

 もうひとつは、意外にもメディアのなかにオヤジの発言を理解してくれている記者が数多くいたことにびっくりしました。私もけっこうの記者の皆さんとお付き合いさせていただいていますが、多くの声が「あれは書き過ぎだ」と同情してくれていました。
 そうなると「あの一連の記事はいったい何なんだよ」と思わず噛みついてしまいそうになるのですが、記事を掲載したのも同じ仕事をしている記者の皆さんに違いない訳ですよね。
 本当にマスコミって難しいんですね。(政策担当秘書)