集団的自衛権

   先日、自称「平和主義」を名乗る友人と居酒屋で杯を交わした。
 日頃から政治と仕事の話題は、飲み屋では御法度と決めているのだが、友人もだいぶ酒に飲まれ思わず口をついたらしい。
 「お前ら(自民党)最近、集団的自衛権の政府見解を見直そうとしているらしいが、冗談じゃあない。また戦争に国民を巻き込むつもりか。衛藤さんはどう考えているのか」。三流新聞の受け売りよろしく、友人は切り出した。
 「そうは言っても、緊迫するアジア情勢の中、あらゆる事態を想定して自国と国民を守るのは政治家の役割だろう」と言い返すと、
 「馬鹿だな。だから外交が大切なんじゃあないか。武力で平和は訪れない」
 「そんなことは分かっているさ。しかし外交で決着がつかない場合どうするんだ。話し合いがつかないから、領土が守れません。国民の皆さんごめんなさいーとでも言えばいいのか」
 「大丈夫だよ。今の世の中99%侵略なんか受けないから」
 「じゃあ、残りの1%の場合はどうするの。安全保障っていうのはその時のことを想定して対応することじゃあないのか」
 「大丈夫。その時は米国が何とかしてくれる。日米安全保障っていうのはそういうことだろう」
 話しはこれで終わった。

 自分の家族、恋人や友人の危機を他人に任せて、自分は手を下さないで静観する。時には他人に金銭を与え助けてもらう。それが平和というものだーなんていうことがどの世界で通用するものか。集団的自衛権の議論はやっとこの国も普通の感覚を持ち始めた証だと思う。大切なのはその枠をどう定義し国民の覚悟と理解を求めるかだ。安倍政権の腕の見せ所だ。

 現在の野党の在り方を、某6チャンネル(東京エリアだけかな。ちなみに大分県では3チャンネル)の報道番組のコメンテイターは、「民主主義の崩壊」と詰った。特定秘密法や集団的自衛権の解釈について、野党が一致団結して反対しないのが情けないーということらしい。
 政党にはそれぞれの政策があり、何が何でも与党に反対するべし、なんていう考えはどうにもならないものだと55年体制の終焉で国民は学習しているのだ。ただただ反自民党だけでできた細川8党連立内閣、民主党政権は、いったい何をなしたというのか。正しいことは与党であれ野党であれ正しい。違うべきところは違う。報道はその違いや政策の中身を国民に正しく伝える。そうあるべきだろう。決断は国民が下す。これが国民主権だ。

 いまだ自分の意見だけを正義と信じ、公共の電波を使って国民を煽る、こんな輩はいち早く報道のフィールドからレッドカードを突きつけようじゃあないか。

甲斐田さん逝く

 「今日(5月1日)、甲斐田が亡くなった」。
 携帯電話から聞こえるオヤジの声は、幾分震えているように思えた。
 甲斐田哲男さんは、我が事務所のOBだ。オヤジが初当選した平成2年、当初は松崎秀樹さん(現千葉県浦安市長)が第一秘書で事務所の切り盛りをしていたが、その後に千葉県議会議員選挙に出馬するため退所、その際に地元事務所を任されていた甲斐田さんが上京し筆頭秘書に就かれた。
 往時、私は歳の幾分食った新人で、オヤジに随行しながら車の運転をしていた。

 そのころの私はオヤジの住む高輪議員宿舎の一室を間借りしていた。(いまでは規律が五月蠅く許されないのだろう。ヒロ子夫人はご子息がまだ幼かったため、地元大分にお住まいだった)この頃は比較的やんわりしていて、いまではとても考えられないだろうが、部屋住みの秘書なんていうのも、けっこういたものだ。
 私は玄関脇の一室を使わせていただいていたが、部屋の壁中央に大きな日章旗を貼っていた。それは入口のガラス越しに透けて見えるので、「衛藤のところは威勢がいいな」と、同じ階の小泉純一郎先生にからかわれたのを、昨日のことのように思い出した。

 あのころは6時前に起床。新聞各紙の見出しに目をとおし、政治面を開いてダイニングテーブルの上に置いたら、続いて浴槽に湯を張る。(この頃の代議士は朝風呂に入っていた)洗濯に出すワイシャツを所定の場所に届け、オヤジを起こしたら駐車場に行き車を清掃する。それから所定の場所で待機するというのが日課だった。
 乗り込んでくるオヤジと1日のスケジュールを打ち合わせながら永田町の自民党本部へ向かう。オヤジが各部会を俳諧する中、私も一緒にもぐりこんで、朝食を失敬する。(いまでは秘書の朝飯なんて出ないらしい)オヤジの日程には昼食の時間がないため(酷い秘書だよな)当然こちらも食いっぱぐれることになるから、朝飯は何にもまして大イベントだった。
 昼間の日程が終了すると、夜交戦に。国会議員の夜の会合は頻繁で、ましてオヤジも若かったから帰りは殆どが午前様。宿舎に戻り明日(いや当日になっていた)の日程を確認し、会合場所を確かめ地図を開き(このころカーナビなどありはしない)それでもって1日が終了していた。まれに早く帰宅しても、そんなときはオプションで夜回りの記者さんに酒のつまみなども作ったものだが、そんな時は記者の皆さんを睨み付けながら、自分の運命を恨んだこともあった。

 そんな時いつでも甲斐田さんがやさしく(?)声をかけてくれた。
 大分の地理も、後援会の名簿も、秘書としても仕事もみんなみんな甲斐田さんが教えてくれた。
 毎日夜遅く帰っていると「大変だな。でも夜遊びなんて仕事じゃあないだろう。わし(自分のことをそう呼んでいた)が衛藤に言ってやる」と助け舟を出してくれたこともあった。   
 オヤジとは上野丘高、大分大と同級生の甲斐田さん。それでも普段は「代議士」と呼び、立場を弁えていたが、ここぞというときは親しみを込め「衛藤」と呼んでいた。
大酒飲みで、芋焼酎(白波)を好み、倒れるまで飲んだこともあった。(だから身体を壊したんだよ)
 秘書を退職した後も、オヤジの岳父が理事長を務めていた福祉施設で事務長として頑張っていた。
 癌だとは聞かされていたが、あまりに急で。
 大切な人ほど早く逝く。
 逝き過ぎた分、のんびりそちらで酒でも飲んでいてください。
 ご冥福をお祈りいたします。(秘書一同)