審議拒否

    先日、オヤジは本会議で久々に登壇し、議題に挙がった防衛大臣問責決議案の趣旨説明を行った。北朝鮮のミサイル発射への対応、各委員会での曖昧な答弁など国益を考えれば当然のことと言える。同時に国土交通大臣の問責決議案も出され、野党の賛成多数で議決された。以降、自民党は両大臣の辞任なしには審議に応じることはできないと、衆参すべての委員会を欠席している。

    当然だ。両大臣の資質もさることながら、その最大の責任は任命した野田佳彦総理大臣にある。その総理が「適材適所の人事」と詭弁を弄し、国民を欺いたマニフェストと共に中央突破を図るなら、体を張って止めるしかないではないか。総理は「泣いて馬謖の首を切る」と言った故事を御存じか。諸葛孔明と比べるのもおこがましいが、リーダーにはこれくらいの覚悟が必要だし決断が出来なければ、組織を束ねることなど不可能なのだ。

    この状況に、民主党の幹事長は「受けて立つ」と言ったそうだが、これまたぼんくらな話だ。参議院の議決の重さをなんと考えているのか。まさかご自身が参議院議員という立場であることをお忘れではあるまいに。
    きっと「長時間の審議拒否は国民からは理解されない」とタカをくくっているんだろうが、どっこい、今回ばかりはそうは問屋が降ろさない。復興、増税、TPP、領土、原発、社会保障など重要政策で迷走を続け、ズタズタの「詐欺フェスト」、間もなく20%を切る内閣支持率、政党支持率10%そこそこの民主党に同情する国民など皆無だ。たとえ審議拒否で国会が空転したところで、このまま民主党に政権を取らせているよりはいいんじゃあないか。むしろ、ろくでもない法案(人権侵害救済、外国人地方参政権、夫婦別姓などなど)を画策できないだけましじゃあないのか―、もはや国民はこれくらいの気持ちになっている。
    もう、この国を正常化するためには、解散、総選挙しか道は残されていない。
    心ある民主党の先生。国民不在の保身は見っとも無い。バッジを付けているのが恥ずかしくありませんか。