当選御礼 ~ 更なるステージへ

 当選御礼 自民党総裁選は、安倍晋三議員が決選投票のすえ石破茂議員を破り自民党の新総裁に選ばれました。
 同志の皆さまからは絶大なるご支援、ご声援を賜り誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。
 
 オヤジにとって悲願だった安倍新総裁の誕生。
 振り返れば昭和58年、大分1区から初めて衆議院選に挑んだオヤジは苦杯を喫し3年間の浪人生活を味わった。その間物心ともに支えてくれたのが安倍晋太郎先生、そう晋三先生のオヤジさんだった。
 その後平成2年に初当選。晋太郎先生を支持し、恩返しと共に晋太郎総理をめざしたが、間もなく晋太郎先生は志半ばで病魔に倒れ帰らぬ人となった。順天堂大学付属病院からご自宅まで帰られる晋太郎先生のご遺体をピッタリと追走した車中で、号泣していたあのオヤジの顔を忘れることが出来ない。
 平成5年、晋三先生が初当選。その時からオヤジの口癖が「何時か晋三さんを総理にしたい」だった。

 その晋三先生が平成18年に総理大臣に就任。しかしこの時、オヤジは郵政選挙で惜敗し、またまた浪人中の身で、何の御役にも立てなかった。
 平成19年、参議院選挙で総理枠として復党が許され当選。こんどこそ晋三先生の力にと力んだ途端に晋三先生を病が襲ってしまった。
 二代に渡って安倍家の恩を受けながら、手柄ひとつ立てられぬ悔しさを味わう。オヤジと晋三さんには妙な縁があるのかと、つくづく思わされた。

 晋三先生の再起に向けたオヤジの努力はここから始まる。中堅若手の保守の合同を目指し真・保守政策研究会(現在の創生「日本」)を立ち上げていたがリーダー・中川昭一先生の突然の死去でポストが空席になっていた。そこで晋三先生に就任を口説いた。
 「いま貴方は色々悩まれているかもしれない。しかし、総理まで経験させていただいた貴方には、まだ国家、国民のためにやらなければならないことがあるはずだ。ぜひ若手の先頭になって欲しい。若手を伸ばすことが貴方の使命ではないのか。あなたはまだまだ戦わなくてはならないはずだ」と。

 あれから5年。長かったような、それでいてあっという間に時間は過ぎた。今だから言えることだけど「安倍さんの再起? 10年早いわ」と言った著名な女性ジャーナリストがいたっけ…。

まずここまでは筋書きどおり。更なる飛躍は総理大臣の椅子しかない。
 「自民党政権、安倍総理の誕生こそが国家、国民のためになる」
 新たなステージが始まった。