利便性がなんだ!!

      選挙の関係で暫くこのコラムを休止していたんだけど、そろそろ復活でもしてみようか、とふっと思いつき、キーボードを叩き出している次第だ。月に2回くらいは衛藤事務所の内情をこっそりお知らせしようと思いますから宜しくね。

 さて、臨時国会が始まった。昨年12月の就任以来、順風満帆(?)の安倍晋三政権ですが、いよいよ正念場を迎える。開会式に合わせて襲来した台風26号は、どうやら風雲急を知らせるようだよな。(被災に合われました皆さまには、改めてご冥福とお見舞いを申し上げます)

 安倍総理が来年4月からの消費増税を決めました。実は我がオヤジ(衛藤)は慎重派(補佐官が反対派じゃあまずいだろ)で「このタイミングではどうかな」と呟くことしきり(やっぱり反対なんだ)、総理にもそれなりの意見は言わせていただいた(はず)とは思うのですが…。
 そもそも安倍政権のもっとも早急に取り組まなければならない重要課題は、東日本大震災からの復興(原発を含む)とデフレからの脱却のはず。その途中での増税は、誰がどう考えても景気回復に水を差すのは明白だ。支持者の皆さんからも事務所に「ぜひ安倍先生に伝えてほしい」と増税慎重の意見が多数寄せられていました。「しかし、それでも総理は決断をしたんだ。何としても景気対策を整えて、経済成長を確かなものにしなければ」、とオヤジは意気込んでいるが…。(祈っているようにも見える)

 規制緩和の目玉とも言われている医薬品のネット販売。私にはこのことでワーワー喜ぶ人たちの気が知れない。そもそもネット販売で薬がバカ売れする訳がないし、またそうなっては困るだろ。ようは、賛成派は利便性を指摘するのだろうが、もっとも大切な安全性はどうなるのか。

 米国へ留学した知り合いの女性がいた。彼女は風邪をひき、市販の薬を数種類飲んだ(どれも日本のメーカー)のだが、それがいけなかった。容態が突然悪化、入院を余儀なくされた。病名はスティーブンス・ジョンソン症候群(通称SGS)。市販の薬の飲み合わせでも薬害は起こるんだね。ちなみに彼女の入院費は17日間で2.800万円だって。米国の医療制度はどうなっているんだろうか。自己責任と言えばそれまでだけど、やっぱり日本の医療制度は世界に冠たるものだと言えるよな。そう思わない?

 とにかく、利便性だけを追求するなんて愚かなこと。薬の購入くらい若干不便だっていいじゃあないか。安全で安心が一番なんだから。