闘争心

   横綱・朝青龍の引退は、角界のみならず日本中の話題を独占した。7連覇を含む25回の優勝実績もさることながら、近代的なスピード感溢れる取り口、技の豪快さ、そして何よりもあの闘争心は、ファンの目を釘付けにした。国技と言われる大相撲で、外国人とはいえ日本人より華のある超一流の存在だったと思う。それだけに残念な幕切れになってしまった。
 自由奔放な性格、数々の暴言、行動。若干二十九歳の若さで、結果的に綱の品格を背負わされる破目になってしまったが、さりとてファンからすれば、優等生な横綱・朝青龍などは見たくなかったのではなかろうか。良くも悪しくも朝青龍は朝青龍らしく去っていった。

 闘争心と言えば、男子サッカー・東アジアカップ最終戦で韓国代表に1-3で惨敗した日本代表。勝敗云々よりもあの闘争心というか覇気のなさ。情けないったらありゃあしない。なでしこJapanの爪の垢でも煎じてのんだ方がいい。
 ボールを繋ぐ技術は十分あっても、それが肝心のゴールまで届かなければ、いったい何になるというのか。挙句、2、3人の相手選手のあっという間の速攻に失点するあたり、毎試合リプレーを見ているようなものだ。
 そもそも決定力不足は、ここ数十年来言われ続けてきた日本サッカー界最大のテーマのはず。それに対し協会は何らかの強化策を講じてきたのだろうか。この日の戦い方を観て、どういったサッカーをやりたかったのか、個人の能力というよりチームの方向性がまるで見えなかった。これで、ワールドカップに行って世界と戦えるのだろうか? 人一倍、もとい車一倍、愛国心の強い私だけに祖国のチームには、つい辛口になってしまう。にっぽん、ガンバレ!!

 覇気がないとういう言葉、残念ながら我が自民党にも当てはまりそうだ。ここのところ「政治とカネ」の追及で頑張ってはいるのだが、何としても政権を取り戻すんだ!-という迫力は、何やらいまいち。サッカー同様、党の目指す方向性が有権者には見えないんだろうな。
 ところで先日、我が主人、衛藤晟一参議院議員のデスクの上に書きかけの原稿を見つけた。どれどれ、ちらっと覗き込むと、なになにタイトルは、「自由と独立と繁栄を保障する『独立体制の整備』路線」か。サブタイトルに「戦後半世紀の間に、自民党政治が成し遂げたことと出来なかったこと」とある。どうやら有志でつくる政策集団「のぞみ」の冊子に寄稿する原稿のようだ。
 原稿用紙30枚はあろうか。残念だが、ところどころしか拝見できないが、書きかけのところを盗み読みしてみると…、
 『現在、日米同盟が民主党政権によって揺らぎ始めていますが、それならば自民党政権がよかったかと言えば、決してそうではありません。』
 とあるが、そうだったかな?
 『衆議院選挙で民主党勝利が決定的とみられた昨年八月二十六日、アメリカを代表するシンクタンク「ヘリテージ財団」のブルース・クリンガー研究員は「日米同盟をいかに救うか」という報告書を公表し、こう訴えています。
 対米自立を訴える民主党政権によって日米同盟は混乱していくだろうが、自民党政権もこの三十年、国際的な軍事的役割を引き受けることを拒み、集団的自衛権に関する解釈変更もしてこなかったし、国際平和維持活動にも限定的な参加しかしていない。中国が軍事力を飛躍的に高めているのに、日本は国防費をむしろ削ってきている。北朝鮮に対する経済政策でも、軍事行動に参加しようとはしていない。そうした自民党政権の不作為によって、いまや経済大国はゆっくりと溶ける氷山となり、日米同盟も砂上の楼閣となりつつあるのだ―こうクリンガー研究員は分析しているのです。
 確かに普天間飛行場移設問題に対する鳩山民主党政権の対応は稚拙ですが、そもそも日米関係を弱めてきたのは、この三十年間、安全保障に関して憲法改正を含めほとんど何もしてこなかった自民党政権の不作為なのだ、というのがアメリカの専門官の見方であるわけです。』
 なるはど。そういう見方もありか。
 『憲法を改正して、イギリスのように主体的に国際的な軍事的役割を担う独立国家にならない限り、日本は現在の経済大国を維持することも出来ないのだ―というクリンガー研究員の見方に、私も賛成です。
 現在の日米安保条約では、アメリカは日本を守る責務がありますが、日本にはアメリカを守る責務はありません。こうした片務性のため、国際社会で日本はアメリカの「保護国」と呼ばれているのです。二千年以上の歴史と伝統を誇る我が国が敗戦後すぐならばいざ知らず、戦後半世紀以上がたってもアメリカに守ってもらっているというのは不自然です。自分の国は自分で守るという独立国家としての当然の体制を再構築すべきなのです。』
 と続くのですが、あとの原稿用紙はバラバラでどう繋がっているのか…。パラパラっとめくっていたら、どうやら最終ページと思われる締めの文章が出てきた。
 『一方、民主政権は「政治主導」といいながら事業仕分けで明らかになったように、結局は財務省のシナリオに乗っているだけで、掛け声倒れに終わっていると言わざるを得ません。政治主導の政治を実現しようと思うならば、官僚とは別に、アイディアと人材を生み出す「政治の仕組み」を構築しなければならないはずです。
 幸い、日本にも「独立体制の整備」路線を推進する立場から民間シンクタンクが次々と設立されています。これらのシンクタンクと協力し、戦後自民党の「経済繁栄」路線でもなく、民主党の「生活第一」路線でもない、第三の選択肢として「独立体制の整備」路線を提示実行することが「祖国の自由と独立と繁栄を永遠に保障する」保守政治家としての責務であると信じています。』
 これを読むと、どうやら本人の目指す方向性は決まっているようだ。あとは実行のみ。パス回しだけで終わらず、是非ゴールに結びつくようなシュートを期待したいな。
 ちなみに、この全文は後日紹介いたしますので、あしからず。