正義

 世界の経済情勢は、まさに戦乱の世を呈している。
 スペイン、ポルトガルが七つの海を席巻していたのは遠い昔。代わって覇権を握った大英帝国の威信はあっという間に薄れ、冷戦を勝ち抜いた新大陸米国が世界の主役の座に君臨している。だが、その米国も高い労働賃金による生産コストの上昇や金融ビジネス等マネーゲームの破綻などで国際競争力に陰りを見せているのも事実。いまや、同盟を固めた欧州・EUと、アジアの大国・中国を絡めた三強に、日本、韓国、ロシアと続き、インド、ブラジルが凄まじい勢いで追走する、そんな構図のように見える。
 そこで、互いの枠組みをどうつくって、どのように立振舞うことが国益を守ってゆくことになるのか。いまほど各国の政治家の手腕が問われる時はあるまい。

 我が国のように、狭い国土に資源の少ない小国が、大国に囲まれて生き残る方法は、古今東西たった一つ、外交手腕しかない。決して一国に附かず離れず、さりとて孤立せず、安心感と警戒感を同時に与え、時には屈することがあっても推し進めるべきところは間違っても引かない、そんなしたたかな外交。かつての戦国時代の真田安房守昌幸が、中国の歴史では中山国が、みな、同様の外交戦術で生き残りをかけた。(それでも中山国は楽毅ほどの人物がいても滅亡したのだが)

 横浜で開かれたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)は、表向き成功裏に終了したように見える。しかし世論は「日本の戦略が全く見えなかった」という声が大勢を占めた。取りあえず中・ロと領土問題を取り上げることで面目を保ち、米国との深化を印象付けたかったであろう菅直人総理大臣。しかしその先に何を見据え、何を描いて会談に臨んだのかは定かでない。とにかくただ会うだけ会って握手をすれば外交だなんていうんじゃあ、幼稚過ぎて話にならない。そもそもメモなどに頼らず、相手の目を見据えて、笑顔の中にも引き締まった表情をにじませる、腹の据わった議長としての勇ましさを期待した方がいけなかったか。もっとも支持率が3割を割り込み、一連の政治責任を誰ひとり取らないこの国の政府と宰相に期待する国民はもういない。総理もそのことを知っているからこそ、自信のない薄笑いが精一杯のパフォーマンスだったんだろう。

 さて、尖閣問題。すでに経緯は皆さんご承知だと思うが、現時点ではユーチューブにビデオを投稿した海上保安官の処分は決まっていない。
 我が主人、衛藤晟一参議院議員は「そもそもこの問題の本質は、ビデオを政府が公開しなかったことへの疑問とその責任だ。この件はしっかりと追及してゆく。もしも彼が投稿しなければ、今後、公の場で事実関係が明らかにされることはなかったのかもしれない。そうなれば大変なことになっていた。あの映像に対してその後に中国は何かのリアクションを取ったのか? むしろ公開したことで、中国を含めた全世界に日本の正当性が認められ、それが日本の国益につながったんじゃあないのか。あのビデオは最初っから国家機密ではないだろうし、国家公務員法違反(守秘義務)というのはどうかな。ただ、職務上組織の一員としての責任はある。たとえどのような状況でも、組織の規律を違反したことは許されない。本人も十分分かったことでの義憤に駆られた確信犯なんだろうけど。処分はしなければならないのだろうが、難しいな」と、顔をしかめた。

 法律は何のためにあるのか。法によって人が生きていくのではなく、人が生きていくために法があるのなら、そこには人の心が存在するはずだ。堀部安兵衛武庸の高田馬場の決闘や忠臣蔵の赤穂浪士の討ち入りを、多くの日本人が涙して称賛するのは、裁きに対する理不尽さに対し、身を賭してまで貫いた不変の正義への思いに他ならない。
 今の世に大岡越前守忠相や遠山金四郎景元がいたならば、この事件をどのように裁き、一件落着させるのだろうか。