原発被害を受けた福島県住民を決して忘れてはならない

激励 双葉郡住民有志相集い ふたばぐんを忘れるな緊急総決起大会デモ行進。(平成23年7月12日 参議院議面前) - コピー


 「ふたばぐんの住民を忘れるな緊急総決起大会」(会場・日比谷公園)のデモ行進が12日、国会裏の大通りで行われ、東日本大震災や東電福島原発事故で被害を受けた福島県双葉郡の住民約500人が参加して政府や国会議員に早急な支援を求めた。
 一行を参議院議員面会場前で出迎えた衛藤晟一参議院議員は「地元の痛みや苦しみを思うと胸が熱くなる。一刻も早い復興政策の実施と原発事故の解決に向け取り組んでいきたい」と話し、大勢の住民の皆さんの声に耳を傾けた。