自民党大分県連会長代行に就任

  自民党大分県連合会の総務・支部長・幹事長合同会議は23日、大分市内で開かれ、衛藤晟一参議院議員(全国区)を会長代行に決めた。この人事は岩屋毅衆議院議員が、党本部から1年間の役職停止処分を受けたことによるもので、岩屋議員は常任顧問に就任した。衛藤議員の任期は「今後、常任総務会で決めるが、来春の県連大会までは続けてもらうことになる」(県議会議員・渕健児[県連幹事長])。
  現在、大分県議会の自民党所属議員は人事を巡って2会派に分裂している。衛藤議員は就任にあたり両派の関係修復に期待した上で「議員にはいろいろな思いがあるだろうが、自民の旗の下ではひとつになってもらう」と話し、党の結束を求めた。